【日本酒】ひやおろしってどんな意味?秋あがりとの違いは?

日本酒の種類でひやおろしというものがあります。
ひやおろしと聞くと、その読みから冷酒なのかな?と思う人もいるかもしれませんね。
こういう私も、ひやおろしは冷やで飲むお酒だと思っていました。
実際のところ、ひやおろしとはどんなお酒なのでしょうか?

<スポンサードリンク>



ひやおろしの意味や時期

日本酒が好きな人だったら、ひやおろしを一度は飲んだことがあるのではないかと思います。
でも、ひやおろしの意味まで知っている人はあまりいないのではないでしょうか?

ひやおろしの意味

ひやおろしは、日本酒の一種で、字のごとく冷(ひや)のまま卸(おろ)したモノです。
なので、意味はそのまま、冷のまま卸した日本酒のことを言います。
まったく、同じフレーズを繰り返しただけで、分りいにくいですね。
もう少しわかりやすく説明すると・・・
搾ったお酒を1回火入れしたあと貯蔵し、程よく熟成したら、その風味を損なわないように火入れせずに瓶詰め・出荷したものをひやおろしと言います。
冷のまま(火入れせずに)卸(おろ)すので、ひやおろしです。
通常は、搾った後と瓶詰めするときに、火入れします。(なぜ火入れするかは、また別の機会に解説させていただきます。)
ひやおろしは、瓶詰めするときに火入れしないので、生詰酒という作り方になります。
生詰酒です。生酒でもなければ、生貯蔵酒でもありません。(生酒、生貯蔵酒、生詰酒の違いについても別に機会に解説させていただきます。)

ひやおろしの時期

毎年、になるとひやおろしが出回ります。
なので、ひやおろしの時期といえば、秋になります。
なぜ、秋なのか?
搾ったお酒はタンクで貯蔵・熟成され、ひと夏を越す頃(秋)にはいい感じにコクが出て、やまろやかになっています。
それらを瓶詰め・出荷したしたものがひやおろしなので、当然出回るのが秋になります。
また、秋は脂の乗った料理など、食べ物がおいしい季節です。
熟成し旨味が増したひやおろしとそれらの食べ物は相性バツグンです。
そういう意味では、ひやおろしは秋には欠かせないお酒ですね。

ところで、ひやおろしと同じ時期に出回るお酒で、「秋あがり」というのもあります。
ひやおろしと秋あがりって同じ時期に出回りますが、同じものなのでしょうか?

ひやおろしと秋あがりの違い

ひやおろしと秋あがりって、秋になるといつもセットのように並べられています。
同じモノと思われてる人も多いのではないかと思います。
実際のところ、どうなんでしょうか?

秋あがりとは?

日本酒で、風味がよくなることを「上(あ)がる」と言います。
燗をつけて、味がよくなることを「燗あがり」と言います。
同様に、秋に味がよくなった日本酒のことを「秋あがり」と言います。
もう少し付け加えると・・・
ひと夏を越し、熟成され風味がよくなった日本酒のことを「秋あがり」と言います

ひやおろしと秋あがりの違いは何?

ひやおろしも秋あがりも、夏の間に熟成され、風味が良くなった日本酒というくくりでは同じものです。
正確には、秋あがりというくくりの中に、ひやおろしがある、と言った方がいいのでしょうか・・・
実際には、1回火入れしたものをひやおろし2回火入れしたものを秋あがりと言ってるみたいです。
ただ最近では、ひやおろしでも2回火入れする酒蔵もあるみたいなので、ほぼ同じモノとして捉えていいのではないでしょうか?

ということで、ひやおろしについてはご理解いただけたでしょうか?
ちなみに、秋には秋サンマひやおろし鉄板です。
秋サンマをつまみつつ、ひやおろしをゴクリ、日本に生まれてよかったと思える瞬間ですね。乾杯!

コメントを残す