サントリー白州12年、響17年が終売!?どこで買えるの?

2018年5月15日にサントリーウイスキーの白州12年響17年が休売になると発表されました。
終売ではなく、休売です。
元々、なかなか入荷しない商品だったんですが、とうとう休売ですか・・・
この流れからすると山崎12年も時間の問題でしょう

白州12年とは?

サントリー白州蒸留所でじっくりと育まれた酒齢12年以上のモルト原酒からできたシングルモルトウイスキーです。
さわやかな新緑の香りの中に現れるふっくらとした果実味キレの良いフィニッシュが特徴です。
フルーティーコクがあり、キレの良い味わいです。

※シングルモルトウイスキーとは、同じ蒸留所のモルト原酒だけで作られたウイスキーのことを言います。

響17年とは?

サントリー創業90周年を記念して1989年に新発売されました。
山崎蒸留所白州蒸留所知多蒸留所酒齢17年以上のモルト原酒、グレーン原酒を厳選・吟味し、ブレンドしてできたブレンデッドウイスキーです。
甘く華やかで豊かな熟成香、山崎の長期熟成モルトによる気品ある熟成木香まろやかで厚みのあるコク余韻の豊かなアフターテイストが特徴です。

なぜ休売になったの?

サントリーの白州12年と響17年はどうして休売になったのでしょうか?
また、ネット上では終売との情報も流れているようですが、正しくは休売です。
終売・・・販売を終了すること。在庫もないし、新たに生産もしない。
休売・・・一時的に販売をストップすること。生産の目途が立ったら、また販売再開される。
白州12年と響17年は、ゆくゆくは販売再開されますが、いつになるかはまだ目途が立っていないみたいです。

ハイボール人気

ハイボール人気により、ウイスキーがよく売れるようになりました。
角ハイボールのCMに小雪さん菅野美穂さん井川遥さんらを使ったからなのか・・・
そのため、酒齢の若い原酒も予定以上に減っていく。
そしたら、なおさら酒齢12年以上の原酒なんて出来やしない・・・

マッサン効果

マッサンは、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝さんを描いたNHKの連続テレビ小説(2014年9月29日~2015年3月28日)です。
このドラマの影響で、一気にウイスキー人気に火が付きました。
マッサンの影響でニッカウヰスキーが売れるのはわかりますが、サントリーのウイスキーまで売れるとは・・・
サントリーとしては、棚からぼたもち状態だったのではないでしょうか。
ただ、売れ過ぎて原酒が足りないほどになるとは、恐らく想定外だったのでしょう。

白州12年と響17年はどこで買えるの?

休売が発表された直後は、市販の小売店はもちろん、ネットショップでも在庫なしでしたが・・・
今では、ネットショップで普通に買えるみたいです。
amazon、楽天では普通に売られていますね。

ご覧のとおり、値段はメーカー希望小売価格の3倍くらいで取引されているのが現状です。
高いなー・・・
ただでさえ高いのに、確実に手に届かない高さに到達していますね。

ネット以外では、ほとんど見かけなくなった白州12年、響17年ですが、実は・・・
あるところにはあったりします。
店頭には並べてないけど、飲食店さん向けにストックしているというケース。
いろんな酒屋さんに問い合わせてみたら、ひょっとして売ってくれるところがあるかもしれませんよ。

でも、どうしても手に入れたい場合は、amazonや楽天で購入した方が確実でしょう・・・
高いですが・・・