【危険】スピリタスで梅酒作ったらどうなる?梅酒作りの注意点

スピリタスというウォッカを知ってますか?
ポーランド産のウォッカで、世界最強と言われているお酒です。
最近は、いろんなお酒で梅酒が作られていますが、このスピリタスで梅酒を作ったらどうなるんでしょうか?
考えただけで興奮しますね。

スピリタスとは?とにかくアルコール度数がスゴイ!

スピリタスはポーランド産のウォッカで、アルコール度数は驚愕の96%・・・
世界最強と言われるのも納得です・・・
蒸留を70回以上繰り返すことで、高純度のアルコールになるのだそうです。
もはや、ウォッカというよりはエタノールですね(笑)

アルコール度数96%のスピリタスをそのまま飲むとどうなるでしょう?
恐らく、喉や胃袋が引きちぎれるんじゃないかというくらい熱い、というか痛いんじゃないかと想像します。
危険なので、そのまま飲むのはやめましょうね。
ちなみに、本場のポーランドでも、そのまま飲む人はいないそうですから・・・

スピリタスで梅酒を作る際の注意点

スピリタスはアルコール度数96%のお酒ですが、アルコール飲料というよりは、もはや危険物・・・
その点を踏まえて、梅酒を作る際には少し注意が必要になります。

分量
作り方は、ホワイトリカーで作るのと一緒ですが、アルコール度数が高いので、梅を多めにした方がいいですね。

ホワイトリカーの場合
ホワイトリカー:梅:氷砂糖=1.8L:1kg:1kg
ですが・・・

スピリタスだと
スピリタス:梅:氷砂糖=1L:1kg:500g
くらいがベストでしょう・・・

梅が多くてうまく浸らないと思うので、氷砂糖が溶けるまではこまめに揺すってあげるとよいそうです。

漬ける期間
ホワイトリカーの場合、漬けてから、3、4カ月で飲めるようになりますが・・・
スピリタスは、だいたい1~2カ月で飲めるようになります。
アルコール度数が高い分、浸透圧の関係で、早くエキスが出るのでしょう。
なので、作った梅酒を早く飲みたい方は、スピリタスで作るべきでしょうね。

梅酒梅
スピリタスの梅酒が飲めるようになったら、中の梅は取り出さないといけませんが・・・
この梅酒梅が超強烈なんです。
この梅1個で、軽くビール1本分のアルコールはあるでしょう・・・
間違いなく、この梅を1個食べただけで、酔っぱらいます。
スピリタス梅酒の梅酒梅を食べたら、絶対に車の運転はしないようにしましょう
酒気帯び運転になりますので・・・

揮発性
スピリタスはアルコール度数が非常に高いため、揮発性がかなり高いです。
スピリタスのキャップを開けたまま、ついつい違うことをしていると、蒸発して量が減ってしまいます。
くれぐれも、キャップの開けっ放しはしないようにしましょう。

引火性
スピリタスはまた、引火性が非常に強いので超危険なんです。
スピリタスに比べれば、灯油なんてかわいいもの・・・
タバコを吸いながらスピリタスのキャップを開けるなんて言語道断。
また、ガスコンロの火をつけたまま、その近くで作業するのもNGです。
危険物なので、引火したら大変なことになります。
ホント、火だけには注意しておきましょう

スピリタスで作った梅酒のおいしい飲み方

スピリタス梅酒のアルコール度数はたぶん30~40%くらいだと思います。
なので、いろんな飲み方が楽しめます。

ストレート
ショットグラスで一気にゴクリと・・・
飲みやすいのでスーッと喉を通っていきますが、すぐに喉や胃袋が熱くなるでしょう。
それがまた、たまらないのです。

ロック
ロックグラスに多めに氷を入れてチビチビと・・・
味の変化を楽しみながら、ゆっくり飲むのもよいでしょう。

ソーダ割り
炭酸の刺激を楽しみながらゴクゴク・・・
1:5くらいで割っても、味もしっかりしていて炭酸も利いているので飲み応えあり。

飲み方いろいろのスピリタス梅酒ですが・・・
その辺の梅酒では満足できない方は、ぜひスピリタス梅酒作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?