えっ!?醸造アルコール入りの日本酒を飲むと頭痛がするって本当!?

日本酒の原材料名のところを見ると、米麹醸造アルコールと記載されていることをご存知ですか?
実際、ほとんどの日本酒はそんな風に記載されています。
醸造アルコールってなんか聞こえが悪いし、良いイメージはしませんが・・・
そもそも、醸造アルコールって何なんでしょうか?

醸造アルコールって何?

醸造アルコールは、別名アルコール添加物とも呼ばれています。
日本酒を作る際に添加するからアルコール添加物と呼ばれるのでしょう・・・
さて、この醸造アルコールの正体は一体何なのでしょうか?
エタノール?
答えはNOです。

正解は甲類焼酎でした。
甲類焼酎とは、「大五郎」とか「大樹氷」のような味のしない焼酎のことを言いまして・・・
蒸留を何度も繰り返してできた焼酎で、言わば純度の高いアルコールです。
甲類焼酎は雑味がなく無味無臭なので、日本酒に添加しても味が変わったりすることがないんです。

なぜ醸造アルコールを入れるの?

ここで疑問ですが、なぜ醸造アルコールを添加する必要があるのでしょうか?
米と米麹だけでもアルコールはできるのに・・・
理由はちゃんとあります。

発酵を止める
酵母が糖分を食べて、糖分をアルコールに分解することをアルコール発酵と言います。
この原理を使ってお酒はできているんです。
アルコール度数が高くなると、酵母は自分が出したアルコールによって死んでしまいます。
同じ原理で、醸造アルコールを加えることで、酵母は死滅してアルコール発酵が止まります。
要するに、醸造アルコールを加えることで、アルコール発酵の具合を調節し、味や香りを調整しているんです。

香りを立たせる
醸造アルコールを添加することで、香りを立たせるという効果があります。
吟醸酒に代表されるあのフルーティーな香りは、醸造アルコールが引き出してくれるんです。
香り成分は水に溶けにくく、アルコールに溶けやすいという性質を生かして、日本酒が持っている香りをうまく引き出してくれるんですよ。

味をスッキリさせる
醸造アルコールを添加することで、日本酒の味がスッキリになります。
日本酒に含まれている酸や糖分による雑味を醸造アルコールが抑えてくれるんです。
これによってスッキリとキレの良い軽快な飲み口の味わいが生まれます。
醸造アルコールが添加されていると、一般的に淡麗辛口の日本酒に仕上がります。


 

このように、醸造アルコールのおかげでおいしい日本酒を作ることができます。
いわば、醸造アルコールは、美味しい日本酒を作るためには欠かせない存在なのです。

しかし、中にはこんな方もいらっしゃいます。
・醸造アルコールは体に悪いから、醸造アルコールの入っている日本酒は飲まない。
・醸造アルコールの入った日本酒を飲むと頭が痛くなるから、飲まない。

身体に悪いというのは、醸造アルコールを質の悪いエタノールなんかと勘違いしているのでしょう・・・
でも、頭が痛くなるというのは、本当なのでしょうか?

醸造アルコールが入った日本酒を飲むと頭痛がするの?

もし本当なら、ほとんどの日本酒に醸造アルコールが入っているので、日本酒を飲んだ人はほとんどが頭が痛くなる、ということになりますよ?
そんな訳ないですね。
それは迷信というか、嘘っぱちです。
醸造アルコールが入っていても、悪酔いもなければ、頭が痛くなることはほとんどありません。
しかし、量をわきまえずに飲むと、酷い二日酔いで頭も痛くなるでしょう。
それは、醸造アルコールが入っていようといまいと同じこと。
ただ単に、飲み過ぎて頭が痛くなっただけなので。
頭が痛くなるのを、醸造アルコールのせいにするのはよくありませんね。

こんなことを言っておきながらですが・・・
例外的に、醸造アルコールで頭が痛くなる人も、実はいます。
醸造アルコールが入ってない日本酒を飲むと何もないんだけど、醸造アルコールが入っていると頭が痛くなる。
そんな人が例外的にいます。
これは、体質的なものなのでしょう・・・
お酒が一滴も飲めない人や、一口飲んだだけで顔が真っ赤になる人みたいな感じで、醸造アルコールを飲むと頭が痛くなるというパターン。
知り合いに一人そういう人がいました。
でも、一般的に醸造アルコールで頭が痛くなることはありませんので、安心して飲んでください。

醸造アルコールが入ってない日本酒は何?

醸造アルコールはおいしい日本酒作りに欠かせない存在ですが、実は醸造アルコールが入ってない日本酒もあります。
それは・・・
・純米酒
・特別純米酒
・純米吟醸酒
・純米大吟醸酒

この4種類です。
純米と書いてあったら醸造アルコールは入っていないと思ってもらって大丈夫です。
これらは、米と米麹だけで作られているので、米本来の香りや旨味がしっかりしていて美味しいです。

でも、醸造アルコールが入ってないから美味しいという訳ではありません。
醸造アルコールが入っている日本酒も同様に美味しいです。

ということで、醸造アルコールがよくないというイメージは払しょくできたでしょうか?
日本酒をおいしくしてくれる醸造アルコールは、むしろ正義の味方なんですよということを覚えておいてほしいです。