日本酒と清酒の違いを、どこよりも分りやすく解説

日本伝統のお酒のことを、一般的に「日本酒」と言います。
日本酒は、祝い事や神事、お正月などおめでたい席には欠かせない存在ですね。
その日本酒ですが、容器のラベルには「日本酒」とか「清酒」と表記されています。
そもそも、日本酒と清酒って同じモノなのでしょうか?
それとも、違うモノなのでしょうか?
日本酒とは?
清酒とは?
お酒に詳しくない方にもわかるように解説していきますね。

意外と知らない日本酒と清酒の違い

ザックリいうと、日本酒と清酒は、同じものと認識してもらってよいと思います。
酒税法上の分類として、日本酒を清酒と呼んでいるだけなので。

例えば、ココに米と米麹と水で作った醸造酒があるとします。
そのお酒を一般的には日本酒と言います。
また、そのお酒を法律用語でいうと清酒と言います。
といった感じです。

ただし、清酒と呼ぶには小難しい要件をクリアしないといけません。
要件をクリアしていない日本酒は、清酒と呼ぶことができず、リキュールとか、その他の醸造酒などと呼ばれます。

日本酒と清酒の違いを以下のように理解するといいと思います。

日本酒・・・米、米麹、水、その他副原料で作った醸造酒
清酒・・・米、米麹、水、その他副原料で作った醸造酒のうち一定要件を満たしたもので、法律的な呼び名

 

ちなみに、酒税法で定められた清酒の要件とは?

【酒税法第3条第7号】
清酒とは、次に掲げる酒類でアルコール分が22度未満のものをいう。
・ 米、米こうじ、水を原料として発酵させて、こしたもの
・ 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの
(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が米(米こうじを含む)の重量の100分の50を超えないものに限る。)
・ 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

ポイントは2番目の要件ですね。
分りやすく言い直すと・・・
副原料が多すぎたら清酒とは名乗れないですよ。
清酒と名乗りたければ、副原料は米の量の半分までにして下さいね。
そうしなければ、リキュールかその他の醸造酒として売ってくださいね、ということを言ってます。
わかりましたか?

ということで、おさらいします。
日本酒と清酒の関係を数学的に表現しました。

・清酒は、日本酒です。←正解です
・日本酒は、清酒です。←十分ではありません
・日本酒は、清酒、リキュール、その他の醸造酒に分類することができます。←正解です

にごり酒は清酒?清酒ではない?真実はどっち?

清酒って、その漢字から透き通ったお酒というイメージがしますね。
では、にごり酒は濁っているから清酒ではないのでしょうか?
ネット上では、にごり酒は清酒ではないという見方をされている方もいらっしゃいます。
実際のところ、どうなんでしょうか?

結論から言うと・・・
にごり酒は、清酒ではないとは言えない。
分りにくいですね、言い直します。
にごり酒は、清酒のものもあれば、清酒でないものもあります。

前述した清酒の要件の中に、濁っていてはダメというものはありませんでしたね。
なので、要件を満たしていたら、清酒です。
濁っていても清酒です。

ところで、にごり酒ファンで菊水酒造の五郎八(ごろはち)を知らない人は恐らくいないでしょう。
にごり酒の代名詞ともいえる五郎八ですから。
その五郎八、実はリキュール扱いです。
一体なぜでしょう?
五郎八の原材料を見るとわかります。
原材料:雑酒、醸造アルコール、糖類、酸味料
要件に満たないのは一目瞭然ですね。

この五郎八は、2006年の酒税法改正によって、清酒からリキュールに分類が変更になったそうです。
恐らく、副原料の割合が多かったのでしょう。
菊水酒造としては五郎八を清酒として販売したかったとは思うのですが、そうなると、作り方や原材料を変えないといけません。
当然、風味は変わるでしょうし、そうなると昔からの五郎八ファンは、ガッカリです。

菊水酒造の選択は、味を落として清酒として販売するか、味はそのままでリキュールとして販売するか。
菊水酒造は後者を選びました。
昔ながらの味を引き継ぎ、五郎八ファンを大切にする選択です。
その選択は正しかったと思います。
たがが、酒税法上の分類が変わっただけ。
なので、五郎八は清酒ではないですが、日本酒です。

寒い冬に、アツアツの鍋とよく冷えた五郎八は抜群の組み合わせです。
まだの方は是非試してみてくださいね。

ということで、日本酒と清酒の違いはご理解いただいたでしょうか?
ご理解いただいたということであれば、乾杯!